六波羅蜜寺の門

東山エリア

六波羅蜜寺のおみくじが当たりすぎる!郵送方法も紹介します

投稿日:

京都・東山にある六波羅蜜寺。

空也上人像、平清盛公坐像が有名なお寺で、平安時代~鎌倉時代はとても重要な場所として栄えていました。

六波羅蜜寺の門

 

そんな六波羅蜜寺で、あるものが話題になっているんです。

その正体は「おみくじ」

「なんだ、おみくじならあちこちでできるじゃん」

と思う方もいると思いますが、六波羅蜜寺のおみくじは普通のおみくじではないんです!

今回は六波羅蜜寺のおみくじについて紹介したいと思います。

 

六波羅蜜寺のおみくじってどんなものなの?

運勢

六波羅蜜寺のおみくじは本堂の左側で販売しています。

みなさんは「おみくじ」というと大吉・吉・大凶などの全体運が書いてあるというものをイメージしますよね。

ところが六波羅蜜寺のおみくじはちがうんです。

六波羅蜜寺のおみくじは「開運推命おみくじ」といい、どちらかといえば占いに近いものがあります。

「四柱推命」という中国で陰陽五行説を元に生まれた運を推察する方法で、生年月日・性別から一年の運がわかるんですよ。

受付で自分の生年月日・性別を申告すると、それに合うおみくじを受付の人が棚から出してくれます。

内容は普通のおみくじとは異なり、10年くらい先までの運を示す「大運」と、その年一年の運を示す「年運」、総合的なその年の運、気をつけるべき点などが詳しく書かれているんです。

驚くことに、これは全て手書きなんですよ。

 

「開運推命おみくじ」の内容

①大運…10年周期の運勢

②年運…1年周期の運勢

③・④…大運と年運の解説

⑤本文…大運・年運を踏まえたうえでの総合的な運勢

⑥詳細…事業・学業・金運・健康・対人関係・異性運などの解説

 

六波羅蜜寺のおみくじは当たるの?

「開運推命おみくじ」は50万以上のデータをもとにして、100通りの運勢から生年月日・性別で判断をしています。

そのため、運任せの一般的なおみくじとはちがい、昔からの知識・データをもとにしているため正確性があるんです。

実際におみくじをやってみた人は、

「よく当たってビックリした」

「助言がすばらしくて勇気や力がわいてきた」

「生きる指針になった」

と評判がすごく良いんですよ。

普段はおみくじをやらない人も、六波羅蜜寺のおみくじだけは欠かさずやっているケースも多いです。

 

六波羅蜜寺のおみくじを生かすためには…

福

・おみくじの運勢は、本年2月4日~来年2月3日

・記載されている内容は「結果」ではありません。良い運勢の人はより努力を、悪い運勢の人は生活言動を慎みましょう。

・おみくじに書かれているヒント・アドバイスを生かすのは自分次第です

・「開運推命おみくじ」は木に結ばずに持ち帰りましょう。そして次年度に返します(返さなくても大丈夫だそうです)

 

これは一般のおみくじでもいえることですが、良い運勢の場合でもさらに良くなる努力をして、悪い運勢の場合は自分を改めて見つめなおす必要があります。

「たかがおみくじ」だとは思わずに、自分を見つめなおす良いきっかけになるのではないでしょうか。

時々「開運推命おみくじ」を思い出して行動を起こせば、良いことが起こるかもしれません!

 

郵送での申込み方法

必ず封書郵送でお申し込みましょう。

封書に同封するもの

①生年月日・性別・住所を記入した書面
②返信用封に住所・名前を記入して82円切手を貼付していく
③冥加料400円←こちらは郵便切手で

 

上記の3つを同封して、封書にて郵送してください。

〒605-0813
京都市東山区五条通大和大路上ル東
六波羅蜜寺 「開運推命おみくじ」係 宛

申し込み受付後、だいたい3日~1週間で送っていただけるそうです。

(※諸事情によってそれ以上かかる場合もあります。あせらず待ちましょう)

 

六波羅蜜寺のおみくじの注意点

「推命おみくじ」は88歳以上の人、13歳未満の人にはありません

また、外国の人にできるように、おみくじについているQRコードをスマホで読み取るとなんと翻訳してくれるんです!

京都は外国の人もたくさん訪れるので、京都ならではのサービスですよね。

 

まとめ

六波羅蜜寺のおみくじは普通のおみくじではなく、昔のデータをもとに統計をとったおみくじということがわかりました。

私も引いたことがありますが、かなり当たっているという実感があります。

人生で何かにつまずいたり悩んだりしている方も、もしかしたら現状打破のキッカケになるかもしれません。

ぜひ六波羅蜜寺のおみくじをやってみてください。

 

六波羅蜜寺を訪れたらぜひこちらもチェックしてください!

おすすめ!
六波羅蜜寺
六波羅蜜寺の見どころ・歴史は?空也上人像・平清盛坐像が見逃せない

京都、東山にある六波羅蜜寺。 平清盛ゆかりの地ということで、清盛大好き歴女の私はよく訪れているスポットです。 あたりは清 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
京都のナビゲーター

京都のナビゲーター

日本史・京都を愛してやまない30代主婦。 年に数回は京都へ足を運んで情報収集しています。 京都の魅力をわかりやすくお話したいです。 少しでもあなたの京都旅行のお手伝いができますように。

-東山エリア

Copyright© 京都を知れば歴史がわかる! , 2019 All Rights Reserved.