東山エリア

建仁寺塔頭・正伝永源院の見どころは?2019年特別公開はいつ?

投稿日:2019年2月16日 更新日:

あたりを見渡すと「人」「人」「人」…。

それもそのはず、ここは京都で一番賑わっているといっても過言ではない「東山エリア」です。

人混み大嫌いなゆりりがなぜここにいるのかというと…

「正伝永源院」というお寺が春の特別公開をやっているからなんです。

建仁寺の塔頭で、春(4月〜5月)・秋(11月〜12月)の特別公開でしか拝観できない貴重なお寺ということで…

人混みにも負けずお寺へと向かっています。

どうやら、お庭が素晴らしく、お抹茶もいただけるとか…♪

いったいどんなお寺なのかワクワクしながら目的地へと到着です。

 

正伝永源院ってどんなお寺なの?

お寺に到着すると、門前で受付を済ませるシステムになっていました。

このシステム、特別公開のお寺でよく目にします。

この日はちょっと蒸し暑かったので、スタッフの方も大変そうでした。

 

お抹茶の受付もここでとのことなので注文もしました!

私は他のお寺をまわったあと、閉門の時間まで残り20分!というところで到着したので、

「先に抹茶を召し上がってくださいね」とのことでした。

 

中に入ると、廊下に若い女性のスタッフさんがいたので抹茶券を渡しました。

「こちらへどうぞ」と建物の奥へと案内してくれたので、ついていきます。

廊下の壁にお菓子の説明がありました。

ホワイトチョコレートの羊羹ってどんな味だろう…甘すぎないかな?

でも有名なお店のお菓子だから期待できる♪

 

案内されたのはこの和室。

閉門間近だったせいか私以外に拝観客はいませんでした。

ここでお庭を眺めながらお抹茶を待ちます。

メインのお庭と比べるとちょっと寂しいお庭かな、というのが正直な感想。

3分くらい待っているとスタッフの方がお抹茶とお菓子を持ってきてくれました。

「さっき廊下で見た写真と同じだ!」

スタッフの方からお菓子の説明をしてもらい、さっそく食べてみます。

ホワイトチョコと羊羹の組み合わせっていうからすごく甘いのかな~と思ったけど、これがまたちょうどいい甘さ!

上に載っているドライフルーツも良い歯ごたえでアクセントになっています。

美味しくて、あっという間に食べてしまいました。

甘い羊羹とほろ苦いお抹茶の相性も抜群♪

私はお寺でお抹茶をいただけるスポットはほとんどいただいているのですが…

正伝永源院さんのお菓子は上位にランクインする美味しさでした。

さすが菓子の老舗「亀屋良長」さんだけありますな。

 

お腹も満たされたことなので、あまり時間はありませんがお寺の中を見てまわることにします。

 

正伝永源院の見どころ

本堂にある方丈

本堂の建物は江戸時代に建てられたので、歴史を感じます。

見逃せないのは狩野山楽の作品元首相・細川護熙さんの作品です。

 

こちらが細川護熙さんが描かれたという襖絵。

個人的にすごく好きなタイプの襖絵です。

古さや歴史は感じないのですが、新しいながらもお寺に見事に溶け込んでいるの素晴らしいと思いました。

 

方丈前庭の庭園

 

庭園2

春はつつじ秋は紅葉が美しい庭園です。

残念ながらこの日はつつじは思っていたよりも咲いてなくて、ちょっと残念でした。

庭園を降りて茶室まで行くことができるのですが、とにかく閉門まで時間がなくて…

今回は廊下から写真を撮るだけにしました。

 

茶室「如庵」

こちらが廊下から撮影した茶室です。

平成に入ってから復元されたとのことで、こちらも歴史を感じる建物という感じではありませんね。

元の茶室は愛知県の有楽苑というところに移築してあるので、機会があったら行ってみたいです。

ちなみに「如庵」という名前、ちょっと変わっていますよね。

有楽斎のクリスチャンネーム「Joan」から名付けられたんです。

クリスチャンネームと茶室の融合といったところでしょうか。

 

織田有楽斎のお墓

帰り道、参道にずらりとお墓が並んでいました。

有楽斎さん一族のお墓で、これだけお墓が並んでいるとちょっと圧倒されてしまいます。

有楽斎さんのお墓の向かいには肥後細川氏のお墓もありました。

 

正伝永源院、2019年の特別公開はいつ?

正伝永源院は毎年春と秋に特別公開がおこなわれています。

・春(3月下旬~5月上旬)

・秋(11月上旬~12月上旬)

 

2019年はこれに加えて冬1月10日(木)〜27日(日)、3月1日(金)〜18日(月)も公開されていました。

2019春の公開日は412日(金)56日(月)でした。

拝観期間が短いのが残念ですね。

 

正伝永源院へのアクセス

電車の場合

最寄り駅は京阪「祇園四条駅」or阪急「河原町駅」です。

祇園四条駅からは徒歩8分程で正伝永源院に到着します。

 

バスの場合

「東山安井」で降りて徒歩で向かいます。

京都駅からは206系統に乗るとよいでしょう。

 

ただし、東山方面へと向かうバスはとても混雑するので、電車でのアクセスを強くおすすめします!

 

「正伝永源院」さんのまとめ

正伝永源院さんは建長寺さんに比べると訪れる人も少ないため、ゆっくりお庭を楽しみたい方にはおすすめです。

ゆりりの場合はとにかく閉門まで時間がなくてゆっくりできなかったのが残念。

今度特別公開のときには、午前中に訪れてみたいと思っています!

そして、ぜひお抹茶とお菓子を食べてみてください!

他のお寺さんとは一味違った抹茶タイムを経験していただけること間違いなしです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
京都のナビゲーター

京都のナビゲーター

日本史・京都を愛してやまない30代主婦。 年に数回は京都へ足を運んで情報収集しています。 京都の魅力をわかりやすくお話したいです。 少しでもあなたの京都旅行のお手伝いができますように。

-東山エリア

Copyright© 京都を知れば歴史がわかる! , 2019 All Rights Reserved.