ひとり旅レポート 宿泊施設

アンテルーム京都の宿泊体験談!インスタ映えする朝食がおすすめ

投稿日:2019年5月20日 更新日:

今回ゆりりが選んだホテルは「アンテルーム京都」。

ひとり旅ってどこに泊まるか迷う人も多いはず。

ゆりりもひとり旅に慣れていない頃は毎回悩んだけど、

アンテルーム京都はひとり旅で利用する女性も多いから、おすすめだよ!

 

八条口からタクシーでホテルまで♪

アンテルーム京都の最寄り駅は烏丸線「九条駅」。

でも京都観光で歩き回ったゆりりは足が疲れてこれ以上歩きたくない…。

そんなわけで毎回八条口からタクシーに乗っちゃうんだよね。

初乗り料金ですむからお財布にも優しいのがありがたい。

ホテルの近くの大通りにバス停もあったけど、走ってるのを見たことがないな。

たぶん1時間に数本しかないはずだから、電車かタクシーがおすすめ。

 

アンテルーム京都にチェックイン

タクシーでアンテルーム京都に到着。

いい意味でホテルっぽくない外観だよね。

初めて泊まる人はちょっとビックリするんじゃないのかな。

 

中に入るとアートな空間が広がっていたよ。

虎?熊?のような作品がお出迎え。

 

受付でチェックインを済ますとホテルの説明をしてくれた。

対応してくれたスタッフの方は女性で、とても感じの良い方だった。

「ホテルの中の写真を撮っても大丈夫でしょうか?」と確認したら、OKをいただいたよ。

 

さっそくエレベーターで移動。

今回の部屋は2階。

ルームカードを入れないと動かないエレベーターもあるよね。

そっちの方が面倒ではあるけれど安心感はあるよね。

残念ながらこちらはボタンを押すだけで動いたよ。

アンテルーム京都は6階まであるよ。

部屋数は結構あるんだね。

 

バーの案内もあったよ。

2019年5月13日~19:00オープンになるんだね。

ゆりりはいつも開店と同時に利用するから、19:00スタートはありがたいな。

今度宿泊するときは19:00に行こう♪

 

ホテルの廊下はこんな感じで、通路はそんなに広くはない感じ。

中はとても静かで、騒がしい客もいなかったよ。

 

宿泊客が使用できるアイロンなどの備品が置いてあった。

フロントに言わないでも気軽に使えるのが良いね。

廊下にも絵が飾ってあったよ。

芸術センスのないゆりりには何を表現しているのかよくわからなかったけど…。

 

さっそく部屋に入ってみる

今回用意された部屋に入ってみる。

部屋の鍵はこれだけ。

毎回思うけど、オートロックじゃないのが残念なんだよね。

女性一人だと少し不安になる方もいるんじゃないかな。

ゆりりも初めて泊まったときはちょっと不安に感じたよ。

 

ドアの近くには備え付けの冷蔵庫があったよ。

ペットボトルと缶チューハイを入れられるスペースはあったから、ちょうどいいサイズだった。

冷蔵庫の置かれている棚の上は、こんな感じ。

「アンテルーム」のロゴが入った水のペットボール

サービスでいただけるから、ありがたくいただくことに。

煎茶と紅茶のティーバッグが置いてあったよ。

ゆりりはチューハイとお茶のペットボトルもあったから結局飲まなかったけど、

こういうサービスもありがたいよね。

こちらが部屋の内部。

ベッドと小さなテーブル、簡易ソファ?のようなものが置かれているよ。

一人で寝るには十分な大きさのベッドだったな。

ゆりりは慣れない環境で就寝するとなかなか眠れなかったり、眠りが浅いんだけど…

アンテルーム京都ではベッドが気持ちよくてよく眠れるんだよね。

ゆりりは寝間着を持っていたから使わなかったけど、寝間着もベッドの上に置いてあったよ。

最低限の荷物だけで旅行したい人にはありがたいね。

枕もとの照明もおしゃれ。

寝る前にゆっくりと本を読んだり、スマホをいじったりするのに快適な空間だったよ。

 

それでは次にバスルームを紹介。

部屋とバスルームの段差がかなりあった。(20cmくらい?)

酔っぱらっていたり寝ぼけたりしている時に転ばないように気をつけないと…。

 

内部はユニットバス

少し狭く感じるけど、部屋自体もコンパクトな作りだからこんなものかな。

トイレットペーパーのホルダーがおしゃれで、さすがアートを売りにしているホテルだ!と感じたよ。

シャワーカーテンにも「アンテルーム」のロゴが入ってた。

掃除が行き届いているのか、カビも見当たらず、清潔だったよ。

シャワーはこんな感じ。

お風呂の掃除もきちんとされていて、不快に感じる部分はなかったよ。

温度調節も普通にできたし、気持ちよくシャワーを浴びれた。

シャンプー・リンス・ボディーソープ。

「PROVINSCIA」(プロバンシア)というホテルのアメニティから生まれたブランドの商品。

洗面所に置かれていたFACE&HAND SOAP。

プッシュすると泡で出てくるよ。

洗面所に置かれていたアメニティ。

最低限のものは揃っているんじゃないかな。

ゆりりは楽天トラベルの「レディースプラン」だったからフロントでメイク落としももらえたけど、

こちらのアメニティにメイク落としも用意されていると便利だなと思ったよ。

 

バーが始まるまで時間があったから、ホテルをブラブラしようと思って1階へと移動することに。

案内板もおしゃれで、外国のホテルに泊まったような気分。

こちらは自動販売機製氷機

電子レンジもあったよ!

ホテル内は禁煙だけど、ちゃんと喫煙ルームもあったよ。

ゆりりはタバコが苦手だから部屋の中には入らず、外からの撮影。

洗濯機乾燥機もあったよ。

長期滞在や洗濯物をすぐに洗いたい人にはありがたいね。

 

廊下にはこのようにたくさんの絵が展示されていたよ。

ゆりりはアートに興味がないんだけど、好きな人にとっては嬉しい空間じゃないかな。

こんなオブジェも置いてあったよ。

これはどんなテーマの作品なのかな。

 

オープン前のバー

棚にお酒がたくさん並んでいて、酒好きの心をくすぐる♪

今月のおすすめが書かれていたよ。

手書きのボードがすごくかわいい!

4月のおすすめは「ストロベリーハイボール」。

おしゃれな空間が広がっていて、お酒を飲むのが楽しみ。

 

朝食会場はこちら。

パンは日替わりでメニューが変わるよ。

毎回どんなメニューになるのか楽しみの一つなんだ。

アンテルーム京都さんにはもう何度もお世話になってるけれど、

「パンオショコラ」以外のパンメニューが被ったことはないんだよね。

 

朝食会場とロビーの間にはちょっと休憩できるような空間もあったよ。

パンフレットを読みながら一休みするのも良いね。

パソコン2台とプリンターを発見

宿泊客は自由に使えるのがありがたい。

ちょっとした調べものに便利だね。

ホテルで使われている備品や、アート関係のお土産コーナー。

気に入ったものがあったら購入してみるのもおすすめ。

近くの窓から中庭が見えたよ。

和洋折衷の庭園かな?

 

こちらはエントランス近くのアート空間。

いろんなアート作品が飾ってあって見ごたえがあったよ。

アート好きな方にはうれしいホテルじゃないかな。

それほどアートに興味のないゆりりも結構楽しめたよ。

 

夜の終わりはバーでお酒を♪

さて、20:00になったのでさっそくバーへ足を運んでみることに。

バーのシステムは、先に店員さんに注文してお支払いを済ませるよ。

まずはカシスオレンジ(700円)を注文してみた。

早い時間にバーへ行くと、簡単なおつまみをいただけるの。

ポテトチップやナッツ類が入っていて、お酒と一緒に食べるとおいしかった。

 

そうそう。お酒でだけど、値段は大体500~900円だよ

これはボードにも書いてあった4月のおすすめメニュー、「ストロベリーハイボール」。

ハイボールの上にイチゴが乗っているだけで、味は普通のハイボールだった(^^;

 

いろいろなカクテルが楽しめるし、気軽に入れるからおすすめのバーだよ♪

今回はやっていなかったんだけど、たまに生ライブをやっているときもあるんだ。

すてきな演奏を聴きながら飲むお酒もなかなかいいよ。

 

大人気の朝食を紹介

アンテルーム京都といえば朝食がおしゃれでおいしい!と評判。

ゆりりも何度か食べているけど、毎回パンやスムージーの種類が変わっているのから楽しみなんだ。

今回は、

・ミニトマトとオリーブと雑穀のサラダ ロースハムと半熟ゆで卵のサンドウィッチ

・九条ねぎとじゃことじゃがいもの和風ピザ

他にもパンオショコラもあったけど、2つでお腹いっぱいになりそうだったから断念。

でもパンは3ついただくことができるから、食べてみて物足りなかったら追加で頼んでもいいね。

 

サラダのトッピングに揚げ湯葉やちりめんじゃこなど、京都らしい食材が楽しめるのもうれしいポイント。

ヨーグルトのトッピングにジャムが置いてあるんだけど、毎月変わるから楽しみなんだ~♪

ゆりりはヨーグルトが好きだから、ジャム以外にも、きなこと黒蜜と黒豆をかけたものもいただいたよ。

この組み合わせはとても美味しくて、自宅でも毎日食べているんだ。

 

ちなみに、朝食会場では朝食の予約をしている人はルームキーをスタッフに見せれば大丈夫。

朝7時スタートなんだけど、朝一で大原や貴船に行くときには時間がバタバタだったなぁ。

6時30分スタートだとありがたいなぁと思ってるよ。

 

実際に泊まってみた感想

アンテルーム京都は一人旅にはちょうどよいホテルじゃないかな。

セキュリティー面で少し心配な方もいると思うけど…

ゆりりは5回ほど宿泊しているけど危ない思いはしたことはないよ。

部屋もコンパクトにまとまっているし、自分の部屋でくつろいでいるような気分になれるのがポイント高いかな。

あと、アンテルーム京都に宿泊の際にはぜひ朝食も食べてほしい!これは強くおすすめします!

男性の方でもパンは3種類まで選べるからお腹にたまるんじゃないかな。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
京都のナビゲーター

京都のナビゲーター

日本史・京都を愛してやまない30代主婦。 年に数回は京都へ足を運んで情報収集しています。 京都の魅力をわかりやすくお話したいです。 少しでもあなたの京都旅行のお手伝いができますように。

-ひとり旅レポート, 宿泊施設

Copyright© 京都を知れば歴史がわかる! , 2019 All Rights Reserved.